読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマートな暮らしに憧れて

スマートな暮らしをしていきたいな~って思いながら生活しています。

株価の暴落が意味するところについて

f:id:smartsmart53:20170211093505j:plain

株式投資を行っている人にとって気になる出来事として暴落と言うものがあります。これは株価が非常に大きな下げ幅を見せるということを意味する言葉であり、会社の発展を願って投資をしている人にとっては大ダメージとなる出来事です。

 

このような暴落が発生する理由としてはいくつかの原因が考えられます。例えば決算発表において業績の悪化が明確になった場合などは大きく株価を下げることになるのが一般的です。

 

または会社としての大きな不祥事が発覚したタイミング等についても株価を大きく下げることにつながります。何かしらのネガティブな出来事に対応する形で株価が大幅に下落することを一般的に暴落と呼ぶのです。


しかしながら株式投資を行っている人の中には、大きく暴落した意味について分析をして利益につなげていく人が少なくありません。例えば決算でネガティブな数値が出てきた場合であっても、将来につながる内容であると判断された場合には投資のチャンスとして受け止められる場合もあるのです。

 

したがってどのような意味で捉えるかは投資家一人ひとりのセンスによって異なります。大きく株価が下がったという事は購入しやすくなったということを意味するので、場合によってはチャンスを意味するのです。