読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマートな暮らしに憧れて

スマートな暮らしをしていきたいな~って思いながら生活しています。

生活費を平均ではなく少ない月に合わせて貯蓄を多く

ブログ

f:id:smartsmart53:20161228075211j:plain

自営業などで収入が不安定な場合、どれぐらいを使ってどれぐらいを貯蓄するのかという事が大きなポイントとなります。大抵はそれまでの経験上、平均と思われる額を中心に生活費を出し、残りを貯蓄するという形にすることが多いでしょう。しかし、それでは少ない月には貯蓄を取り崩すことになりますから、思った以上に減ってしまう事もありなかなか貯めることができません。


そのため、こうした収入の変動が多い場合には、年間の平均を基準とするのではなく、最も収入が少なかった月を基準として使うお金を決めていきましょう。少ない月に合わせて使うようにすれば、余ったお金を貯めることがしやすく、生活費として取り崩すことが無くなります。年間の平均で収入を計算するよりも、余裕を生みやすく貯めやすい形になるのです。


年間での収入の変動が大きい場合は、いつ収入が少なくなるかわかりません。そのため、見込みの平均額で計算してしまうとずれが出てしまう事もありますし、いざ収入が途絶えた時に貯めているものがなければすぐに生活に困窮してしまいます。きちんと貯蓄を確保しながら生活費を支出していけるように、こうした形で基準をメモしていくとよいでしょう。