読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマートな暮らしに憧れて

スマートな暮らしをしていきたいな~って思いながら生活しています。

個人でも証券会社や銀行などで資産運用をする重要性

f:id:smartsmart53:20170325104552j:plain

年金に対する不安は、年々増しています。現在働き盛りの現役世代は、年金を本当に受け取れるのか疑わしく感じてしまうほどです。


なので、年金に頼りすぎないことも、将来のためには重要になっています。年金への依存を減らすためには、貯蓄をして自己資金を貯めておくことが大事ですね。今からコツコツ貯めておけば、退職した後も夫婦二人で暮らすには十分な額を貯められます。


でも、コツコツ貯金をしたくても、今の収入が少なく難しいのが現実です。特に子供のいる家庭では、教育費などを考えると貯蓄に回せる額は少なくなります。そこで行っておきたいのが、個人での資産運用です。


貯蓄ではなく資産運用をすれば、お金を増やしながら将来に備えることができます。失敗するリスクはもちろんありますが、低リスクな方法で始めれば失敗の可能性は低いです。


元手が少なくても始められるので、個人でも資産運用をしておくべきでしょう。まずは証券会社や銀行などの販売会社に行って、リスクと利益を考えながら資産運用の方法を検討してください。特にリスクについての説明は販売会社から必ず受け、納得しておくことが大事です。個人を狙った資産運用の詐欺などもあるので、甘い言葉に騙されないことも大切です。

兵庫県のホタルイカの旬はいつ?

f:id:smartsmart53:20170325104258j:plain

旅先で始めて食べた「ホタルイカ」にすっかりはまってしまいました。食べたことがある両親に勧められたのですが、初めて見たときには「こんな小さいイカがあるんだ」と驚いたのですが食べてみるとすごくおいしかったのです。


濃厚な味が癖になり酒のおつまみとしても相性も抜群です。お酒がつい進んでしまいます。干したものや漬けたものも良いのですが、やはり生のものが断然おいしいです。ホタルイカと言えば北陸方面のグルメとして有名ですが、実は兵庫県でも収穫量は多いのです。


私も北陸地方以外で収穫があるという事実にはびっくりしました。兵庫県でのホタルイカの旬はだいたい4月頃でしょう。3月から5月までの3か月間は漁が行われます。1年のうちで漁を行える機関が少ないので希少価値もあります。


兵庫県ホタルイカの漁が行われるようになったのは、昭和の終わりごろからで、北陸地方に比べると歴史は浅くなります。歴史は浅いものの本場の北陸地方から視察が来るほどの素晴らしい漁をしています。


旬のホタルイカはお寿司のネタとしてもつかわれており、回転寿司屋さんで手軽に食べることができます。我が家でも毎年、旬の時期にはお寿司屋さんで食べています。

ドリアがある献立と付け合わせって迷いますよね

f:id:smartsmart53:20170211093626j:plain

私はグラタンよりもドリアが好きなんですが、ケチャップライスととろけるチーズとアツアツのホワイトソースのコンビネーションが最高だと思っています。単品だけでも野菜が取れるように、ケチャップと一緒にトマトを入れてみたり、玉ねぎやジャガイモなども入れるようにしているんですが、やっぱり献立を考える上では付け合わせも工夫して全体のバランスをとることも必要ですよね。特に冬はドリアがおいしい季節なので、自然に献立に出る頻度も上がるんです。


ドリアの付け合わせは、洋風のスープやサラダにするようにしています。本来の自分はどちらかというと和食志向なんですが、メインのドリアと併せるなら洋風の付け合わせの方がいいですよね。

 

ドリアはおいしいけれど、間食するころには少し胸焼けしやすいので、あっさりしたものを献立に入れることを意識しています。具体的には余った玉ねぎなどの野菜を入れたコンソメスープや、トマトと溶き卵のスープです。

 

トマトの酸味がちょうどいいんですよね。サラダも水菜やホウレン草など彩のいいものを食べるようにして野菜不足にならないようにしています。栄養バランスが偏らないようにするのって、難しいことですけど大事ですね。

 

株価の暴落が意味するところについて

f:id:smartsmart53:20170211093505j:plain

株式投資を行っている人にとって気になる出来事として暴落と言うものがあります。これは株価が非常に大きな下げ幅を見せるということを意味する言葉であり、会社の発展を願って投資をしている人にとっては大ダメージとなる出来事です。

 

このような暴落が発生する理由としてはいくつかの原因が考えられます。例えば決算発表において業績の悪化が明確になった場合などは大きく株価を下げることになるのが一般的です。

 

または会社としての大きな不祥事が発覚したタイミング等についても株価を大きく下げることにつながります。何かしらのネガティブな出来事に対応する形で株価が大幅に下落することを一般的に暴落と呼ぶのです。


しかしながら株式投資を行っている人の中には、大きく暴落した意味について分析をして利益につなげていく人が少なくありません。例えば決算でネガティブな数値が出てきた場合であっても、将来につながる内容であると判断された場合には投資のチャンスとして受け止められる場合もあるのです。

 

したがってどのような意味で捉えるかは投資家一人ひとりのセンスによって異なります。大きく株価が下がったという事は購入しやすくなったということを意味するので、場合によってはチャンスを意味するのです。

 

おでん出汁の作り方は薄味が基本

f:id:smartsmart53:20170211093329j:plain

冬に最盛期を迎える食べ物としてあるのが鍋料理の一つおでんであり、おでんは出汁に魚介類系から山の幸など多種多様の食材を煮て食べます。

 

おでんはもともと農耕国家である日本で休憩時に簡単に食べられるものとしてできた歴史があり、それから全国各地に広まった後はそれぞれの土地の名物食材を入れて食べられています。

 

おでんは具材を出汁で煮て食べるというシンプルな料理であるため簡単に作れるのですが、ただし実際に作ってみると味が決まらずに悩む人が多いのです。その原因の多くは出汁の作り方を知らないために味が決まらない理由となっているといえます。

 

おでん出汁の作り方は、カツオと昆布の出汁に関東風であれば濃い口しょうゆを使い関西風では薄口しょうゆを使用しみりんと酒で味をつけるだけです。ただしここで注意しなければならないことは、この料理は通常の鍋のように汁を楽しむのではなく具材の複合した味わいを楽しむものであるということです。

 

そのためカツオと昆布でうまみをあまり出し過ぎてしまうと、その後入れる具材の味わいが入りすぎることで複雑になりすぎてしまうためです。そこでカツオや昆布から抽出する際には、通常沸騰するまで煮出すところを沸騰寸前で取り出すことでおいしい作り方になります。

 

イライラしたときにはコンビニのこしあん入りあんまんでほっこり!

f:id:smartsmart53:20170211093127j:plain

冬の寒い時にコンビニに並ぶ肉まんって魅力的ですよね。肉まんの販売数には劣るかもしれませんが、でもきっとあんまんも結構人気なのではないでしょうか。あんまんってどうしてあんなにほっこり癒してくれるんでしょうね。

 

仕事やプライベートでイライラした時はふらっとコンビニへ。そしてあんまんを買って食べれば結構怒りが収まったりするものです。チョコレートなどにも癒し効果はあると思いますが、なぜか冬にはあんまんを選んでしまいます。きっと温かさも癒しにつながっているのかも。コンビニ各社で様々なタイプ発売されていて、粒あんが入ったものが多いような気もしますが、食べやすさで言うとこしあんがおすすめ!

 

その中でもファミリーマートの「北海道産小豆のこしあんまん」はこしあんがたくさん入っていて大満足のボリュームです!さすが井村屋製品だけあって、味のバランスが最高なのです!甘さは控えめで、ごま風味がきいたなめらかなこしあんに、ふわふわ食感の皮がベストマッチ。

 

価格は税込120円ですので、その価格でひとときのほっこりな幸せを味わえるとしたらコスパもいいと言えます。しかも小豆には食物繊維やビタミンB郡なども含まれますので、食べてキレイになる可能性もあり!?だからおやつにはかなりお勧めなのです。

野球にも様々なボールの種類がある

f:id:smartsmart53:20170116100034j:plain

一口に野球といっても、使用するボールには様々な種類が存在しています。まず種類を大きく分けるとなれば、硬式と軟式に分類することができます。簡単に説明すると、プロ野球選手や春夏の甲子園で高校球児が使用しているのが硬式で、日本全国で親しまれている草野球で使用されているのが軟式ボールです。

 

大きな違いはその硬さにあります。そもそも材質が違うのですが、硬式は非常に硬く飛距離も出やすくなっています。また、変化球もかかりやすいという特徴があります。それに対して軟式ボールは、ゴムでできているため、パワーヒッターがバットの芯でとらえるとボールが変形して飛距離が出なかったり、ポップフライばかりになってしまいます。

 

そのため軟式野球はピッチャーが有利と言われています。軟式野球特有のボールの弾みを利用した作戦も存在します。どちらにせよ、硬式では怪我をするリスクが高くなりますので、遊びながら楽しむ目的としては使用される事はありません。

 

そして、硬式も軟式も複数のメーカーが製造していますので、種類によっても特徴があると言われています。もちろん、経験者でなければわからない位の違いではありますが、特にピッチャーは気を使うようです。