読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマートな暮らしに憧れて

スマートな暮らしをしていきたいな~って思いながら生活しています。

マフラーの暖かい巻き方(初めての方向け)

ブログ

f:id:smartsmart53:20170116094510j:plain

冬に欠かせないアイテムといえばマフラーと答える方って多いと思いますが、身に着けている方というとそんなに多くないんじゃないかと感じているのは私だけでしょうか?
街を歩いているとそんな風に感じることがあります。


と言っている私も実はマフラーを使い始めたのは最近の話で、あまり人のことは言えないのですが、、、。では何故、私がこれまでマフラーを身に着けなかったかというと、まず、それが暖かいものだということに気づいていなかった。そしてもう一つは巻き方がいまいちよくわからなかった。ということがあります。


皆さんはいかがでしょうか?


つまり私が言いたいのは、マフラーは暖かいものですし、巻き方なんて一度覚えてしまえば簡単なもので、なおかつ自由だということです。ファッション雑誌なんかを見るとよく、お洒落な巻き方10選みたいな感じですごくぐるぐる巻いていたり、イタリア人のモデルが格好良く決めた写真が載っていたりしますが、なにもそこまでしなくても十分暖かい巻き方はたくさんあります。


何なら首にひっかけて垂れ下がった方のどちらかを背中の方に回せばそれで充分だったりもします。それにシンプルな巻き方の方が案外暖かかったりもします。皆さんも是非、この冬はマフラーを試してみてはいかがでしょうか。

 

証券会社の仕事内容を聞いて

ブログ

f:id:smartsmart53:20161228080146j:plain

証券会社の仕事内容を耳にした時に、それが事実であれば人としてどうなのだろうかと思ってしまった部分があります。仕事をしていれば自分の良心に反することであっても、会社の命令であれば従わなければなりませんし、従うことができなければやめるしかないわけですが、それにしても証券会社はあまりにも酷い内容だったと感じます。

 

よく聞く話では証券会社は客が損しようと儲けようと取引をしてくれれば手数料が入るので、とにかく何でもかんでも売買をすすめるということでしたが、その内容が事実だと聞いたときにはなんて世界なのだろうかと思ってしまいました。

 

それでも投資をしたいと考えている人相手だけに売買を煽り立てるのであればまだ良いと思うのですが、投資未経験者に対してすすめる営業のような活動はどうなのでしょうか。もちろん、全ての人が損をするわけでもありませんし投資は自己責任ですから、証券マンが悪いということにはなりませんが、倫理的にギリギリの部分があるようには感じます。

 

しかし、それを言ってしまえば世の中の多くの仕事は多かれ少なかれ相手の意向を無視して自分の利益優先のところはありますから、証券会社の仕事というのはその悪い部分が凝縮されたものという見方もでき難しいところですよね。

 

マラソン大会に出場する際の持ち物リスト

ブログ

f:id:smartsmart53:20161228080015j:plain

マラソン大会に出場する時、意外に準備はいろいろあって大変です。忘れてはいけない持ち物や、あれば便利な持ち物等、事前のチェックは大切です。事前にリストを作っておいて、チェックしていくと、忘れ物をしなくて済みます。

 

まず、忘れてはいけない物ですが、マラソン大会に参加するためのゼッケン引換証、大会関連資料、タイム測定チップです。これらは、忘れてしまったら、参加できない可能性が高いですし、タイム測定チップは、走った後で測定出来ていないために失格になる可能性もあるので、家を出る直前に今一度チェックする事をお勧めします。

 

次に大事な持ち物は、ランニング専用の、シューズ、シャツ、パンツ、靴下です。これ等も忘れたら大変ですので、リストの最初の方に入れておいて下さい。

 

そして、マラソン大会当日の、天気や気温に応じて必要になってくるもの、帽子、サングラス、ウィンドブレーカー、アームウォーマー、レッグウォーマー等です。これらは状況によって、必要そうだなと思ったら持って行く事をお勧めします。

 

後は、走っている時の必要物(ポケットティッシュや携帯等)を入れるポーチです。いろいろ準備するものはありますので、準備を終えたら、前の晩辺りに、リストを見て最終チェックをすると安心ですね。

 

ヘルシーなチョコレート料理のレシピを考案する楽しみ

健康

f:id:smartsmart53:20161228075852j:plain

日常的な食生活では、最後のデザートも含めて楽しんでいますが、チョコレートのレシピをヘルシーな内容にする努力もしています。私の考えでは、チョコレートにも工夫を施すことで体に優しい内容になるため、材料選びは特に大切です。

 

冬の寒い時期には、身も心も満足するデザートを作るために使用しますが、この場合にはラム酒に漬け込んだレーズンを用意して、チョコレートで固めて仕上げます。このようにして作ると、本来の芳香に加えて、レーズンの甘い風味が見事に調和します。さらに、レーズンに豊富な食物繊維がカカオに由来する成分と調和することで、さらにヘルシーな内容になるようです。

 

チョコレートのレシピでは、バナナに対してコーティングする方法も大好きなので、日常的に食べるようにしています。私は趣味でサイクリングをしていますから、バナナと一緒にして食べることで、運動に必要な糖質をバランスよく摂取できます。普段のエネルギー源を補給する場面では、オレンジやミカンと一緒にするレシピも活用しています。

 

ヘルシーなレシピの中では、チョコレートに豆乳を混ぜた飲み物も愛用しています。豆乳を混ぜると、タンパク質やイソフラボンが増えるだけでなく、不足しやすい大豆レシチンを摂取できることも発見しました。

 

群馬フラワーパークのイルミネーションの美しさに感動

ブログ

f:id:smartsmart53:20161228075741j:plain

群馬フラワーパークのイルミネーションは、毎年の冬には必ず見に行くようにしています。私がこの場所が好きなのは、赤城火山の南麓に位置し、ヨーロッパ的な雰囲気と一緒に夜景を楽しめるためです。火山麓扇状地の地形の場所には、壮大な規模で花々が植栽されていますから、地形観察の目的で訪れることも大好きです。

 

イルミネーションの時期に群馬フラワーパークに出かけるときには、強烈な空っ風に対する対策が必要なことは、初めて訪れたときには分かりませんでした。標高が高い場所であっても、空気は非常に冷たい状態で乾燥していることから、イルミネーションを美しく見せるには最適だと思ったのです。最近では群馬名物の空っ風にも慣れてしまったので、冬の風物詩として逆に楽しんでいます。

 

イルミネーションを見に来たときには、いつものように撮影するスポットがあります。フラワーパークの中心部には門型のタワーがあり、冬の季節にはイルミネーションで彩られます。昼間は展望台としても魅力的ですが、夜に訪れたときの美しさも見事でした。門型のタワーを背景にして、手前のイルミネーションも複雑に調和していますから、長時間にわたって眺めていても飽きることがありませんでした。

 

師走と言われる、先生も走る、寒くて忙しい12月の季語

ブログ

f:id:smartsmart53:20161228075614j:plain

とっても寒い冬の師走12月。クリスマスも大晦日もあり大掃除もしなくちゃ新しい年を気持ちよく迎えられないなあと、何やら気ぜわしい時です。忙しいんだけどなんだかとっても人恋しい時でもあります。

 

寒いからでしょうか。人の心のぬくもりが恋しいですね。そんな時はおしゃれに季語でも入れた言葉を大事な人に贈りませんか。師走という先生も忙しくて走ってしまう12月にはなかなか面白い季語があります。例えば食べ物でいいますと、湯豆腐、白菜、ふぐ、納豆汁、おでん、焼き鳥などがあります。

 

なんだかふうふう言いながら食べたくなりますね。あったまりそうですし。お酒も、熱燗というのもそれにあたります。他にはセーター、ショール、手袋、マスクなんていうのもあります。

 

まさに冬の風邪対策ですね。風邪というのもそのまま季語になっています。あと、他には鶴や鴨、白鳥というのもあります。水辺はひんやりしそうですね。兎も12月の季語です。白ウサギが雪に似合うからでしょうか。

 

クリスマス、カレンダー、ポインセチア、大晦日、障子というのもあります。師走の楽しさや気忙しさが表れていますね。五七五の俳句にはなくてはならない季語ですが、普段の会話の中やメールなどの中にも忍ばせてみたらおもしろいんじゃあないでしょうか。

雪かきのスコップの売り切れで困らないように日ごろの準備を!

ブログ

f:id:smartsmart53:20161228075440j:plain

今年もついに雪が降る季節がやってきました。我が家でも雪がいつ降っても良いように除雪道具の準備を始めたところです。除雪道具といえば、大雪が降ると売り切れが続出するのがスコップ。

 

数年前の大雪の時には雪かき用のスコップが足りなくなって近くのホームセンターで探し回ってもどこも売り切れで困った経験があります。大抵どの家庭も雪かきのスコップなんて1,2個しか持っていませんので大雪が降るとどうしても足りなくなってしまうのですが、できることなら事前にいくつか準備していると安心です。

 

何個も雪かきのスコップを持っていてもしょうがないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、意外と除雪しているうちに割れたり取っ手の部分が折れたりして買いなおすことが多いものです。なので、長い目で見れば4,5本倉庫にストックしておいても無駄にはなりませんし、大雪のときに売り切れになって困るよりは良いのではないでしょうか。

 

ちなみにお勧めは持ち手の部分が固いプラスチックでできているもの。木材でできているものもたくさん売っていますが、木材だと大きな力をかけると折れてしまうことが案外多いので、ある程度しなってくれるプラスチック製のもののほうが丈夫でよいです。